Artichouse

フィンランドのクオリティーログハウス

エコで個性豊かなポーラーパインのログハウス

Artichouse

健康にいい住まい

健康にいい住まいをお探しなら、省エネでエコなログハウスをお勧めします。新鮮できれいな室内空気と自然な雰囲気が体も心も癒してくれます。ログハウスはいつまでも使い続けられるものです。フィンランドには数百年の間も使われていて、現在も人が住んでいるログハウスがあります。

 

healthyhome

きれいな室内空気

ログハウスの室内空気がきれいなのは、木材が空気を濾過して清浄にする作用があるからです。ログハウスのログ壁が自然の断熱性能と調湿機能を持っているので、室内の温度を保ち湿度を適度に調湿します。ログの壁は、空気が乾燥し過ぎると木の中の水分を発散し、逆に湿り過ぎると湿度を吸収します。ログハウスは適度な湿度を保っているため、カビ、家ダニ、細菌やウイルスなどの肺の病気の原因となるものを防ぎます。フィンランドのアレルギー・喘息協会によると、室内の適度な湿度は25~45%となっています。ログハウスはカビによるアレルギーを持っている方や喘息患者の方にも一番安全な住まいです。 

長持ちで省エネの構造

ログハウスは一年中快適な温度を保っています。夏は涼しく、冬は暖かいです。木が断熱機能によって温度を吸収し、ゆっくりとしか発散しません。また、地震にも強いです。地震の際、近隣の家が倒れてもログハウスだけが残っていた例もあります。 

Healthy home

温室効果ガスを削減する住まい

今日の建築資材の中、木材はもっとも環境にやさしいに違いありません。樹木を建築材として使うと、温室効果ガスを削減する効果があります。平均的なログハウス住宅には約30 トンの木材が使用されています。その木材に

吸収し蓄えられた二酸化炭素の量は、自動車が40万キロメートルの走行で排出する量と同量なのです。