Artichouse

フィンランドのクオリティーログハウス

エコで個性豊かなポーラーパインのログハウス

Artichouse

エコな住まい 

ecologicalchoise

ログハウスがエコロジカルな選択である理由

  • ログハウスの木材に大量の二酸化炭素が吸収し蓄えられているので、温室効果ガスを削減する効果があります。平均的なログハウス住宅に吸収し蓄えられた40 トンの二酸化炭素の量が、一家族の20年間の自動車の使

    用によって排出される二酸化炭素の平均量と同量だと言われています。
  • 研究によると、ログは木材の中でも一番エコな建築材となっています。フィンランドの建築材の40%が木材ですが、それは環境負担の5%しか占めていません。一方、フィンランドの建築材の43%がコンクリートですが、それは環境負担の80%を占めています。
  • ログの生産に必要なエネルギーは非常に少ないです。アルティックハウスのログ工場は、加工する際に副産物としてエネルギーも作っています。加工の際に生じるあまった木切れとおがくずを収集し、再生可能エネルギーとして再利用しています。
  • 木材が環境にやさしいのは、広く知られている事実です。持続可能な林業によって産出された木材の長期的な使用は、大気中の二酸化炭素の量に直接影響を及ぼします。
  • 木材は再生可能資源です。フィンランドで毎年伐採される木材の量は、新しく生えてくる木の量より少ないです。
  • 今日の技術で作られたログハウスの気密性は、防湿フィルムを利用する普通の木造家屋と同様で、かなり高いです。丁寧に施工されたログハウスの気密性は0.5~1.5 となっており、非常に省エネな建物であると言えます。ログハウスの気密性検査で計測数値は、パッシブハウスに求められる数値n50=0.6より下回っていました。 

フィンランドのログハウス協会が依頼した研究で、フィンランドの建築家組合(SAFA)の建築家マッティ・アラサーリがコンクリート壁、タイル壁、普通の木造壁、ログの壁のカーボンフットプリントを調べました。研究では、建物の生産、輸送、施工、そして50年間のメンテナンスを想定してカーボンフットプリントを計算しました。研究の結果、ログハウスの生産と施工によって生じる二酸化炭素の約2.5 トンの排出量は、壁に蓄えられた二酸化炭素のわずか1割だと分かりました。コンクリートやタイルの建物の場合、生産・施工によって生じる二酸化炭素の量はログハウスの何倍にもなります。その上、コンクリートやタイル製の建物は二化炭素を吸収し蓄えられません。したがって、建築材の中、ログだけがカーボンフットプリントがポジティブな結果となりました。 

出典:HTT, Alasaarela Matti 2008 「Hirsiseinän ympäristövaikutusten laskenta elinkaaritarkastelun avulla」Saari Arto 2001 「Rakennusten ja rakennusosien ympäristöselosteet」